パウダーメタルパーツ

Mibaのパウダーメタル(粉末冶金)部品は様々な産業社会で広く使用されています。ロボット工学、コンベア技術、コンプレッサー、e-bike (E-バイク)、医療技術分野、自動車産業など多様な分野で、高精度と高強度を誇るMibaの部品は軽量化と優れたコスト効率を実現しています。その結果、CO2排出量を削減し社会に貢献することは、Mibaの役割のひとつだと考えています。

 

 

パウダーメタル・テクノロジーとは?

パウダーメタル(粉末冶金)・テクノロジーは複数の工程を経て、高精度と高強度を誇る部品を製造しています。Miba独自の混合パウダーメタル(粉末冶金)材料を自社の精密金型を用いてプレス成形し、次工程へ安全に搬送できる強度を持つ成形体(圧粉体とも呼ばれる)を製造します。その成形体は次工程にて、最高1250℃の温度で焼結されます。熱処理を行うことにより個々の粉末粒子が結合し、パウダーメタル(粉末冶金)部品の強度が高まります。

 

 

 

最高精度、最高密度と最高強度を実現するために、アプリケーションによっては焼結後に部品の大きさを決め、必要に応じて熱処理、表面処理、追加工、追加組立を行います。

パウダーメタルパーツの有益な利用方法についてぜひご相談ください

Sakura

焼結技術の有益な利用方法についてぜひご相談ください。

無料相談のご予約を承ります。

パウダーメタル・テクノロジーの利点

他の製造工程と比較し、パウダーメタル (粉末冶金)・テクノロジーは、可能な限り低エネルギー消費で材料の最大活用を可能にします。

 

費用対効果に優れたソリューション
  • 他のテクノロジーと比較し、低エネルギー消費を実現すると共に、原材料を最大限に活用
  • 最終形状(ネットシェイプ)に近いで製造することにより、追加工工程を排除
  • 連続生産における精度の高い再現性を実現
カスタマイズ製品
  • 複雑なジオメトリ
  • 強度と重量の最適化
  • あらゆる要求に対応するオーダーメード材料
  • 優れたNVH(騒音・振動・ハーシュネス)特性
  • ユニークな磁気特性
  • 優れた耐摩耗性
  • 制御された気孔率
  • 等方性及び選択的圧縮による構成部
表面処理・成形による高トルク容量化
  • ​​部品強度を向上させる多様な成形技術
  • スパーギヤとヘリカルギヤリング
  • 内歯車・外歯車
グリーンテクノロジー
  • 鉄スクラップを再利用したパウダーメタル(粉末冶金)
  • 削減
  • 低エネルギー消費

Mibaのパウダーメタル部品製造工程を選ぶ理由

Miba シンター グループはパウダーメタル(粉末冶金)アプリケーションのリーディングカンパニーです。お客様とともに、より環境に優しく、経済的で効率的な製品を造るという課題に真剣に取り組んでいます。

 

 

パウダーメタル(粉末冶金)の加工工程

粉体から精密部品になるまで

 

パウダーメタルパーツの有益な利用方法についてぜひご相談ください

Sakura

焼結技術とパウダーメタルパーツ(粉末冶金部品)の有益な利用方法についてぜひご相談ください。
30分の無料相談のご予約を承ります。

Mibaの「現地から現地へ」という戦略に基づき、お客様のロケーションに近い6つの拠点で生産、またサービスおよびエンジニアリングサポートを提供いたします

お問い合わせ

Mibaで働きませんか?

今すぐ応募する:

MIBAで働く